So-net無料ブログ作成

時間。

スポンサーリンク




今日の昼間、私が不在時の話なのですが・・・

そもそも透析専門病院からの送迎車の時間が午後2時25分だったところ、
30分間ほど早くなり、
午後1時55分になったわけです。

それを忘れたり、間違えたりしないように何度も父親に確認したりもしましたが、問題なく覚えており、
事実、午後1時55分に待ち合わせ場所にてピックアップしてもらって、透析に行っておりました。
ですので、私も油断していたといいましょうか、その点は、もう気にしておりませんでした。

すると、ドライバーさんから電話があり、

「待ち合わせ時間におられませんでした」

とのこと。

とりあえず、
「今日の透析はどうしたらいいでしょうか」
と答えると、
「一応、午後2時25分に再度、お迎えに行ってみるつもりです」
とのこと。

私は、
「本人(父親)にはその旨を連絡してもらえてるんでしょうか?」
と話すと、
「いいえ」
とのこと。

それじゃ父親も分かるはずがないと思い、私が、父親に電話をしてみましたところ、
「もう送迎車に乗っている」
とのことでした。
ドライバーさんも高齢なので、話が的を得ていないので、分かりにくいのですが、
少なくとも、父親が透析に行ったことは間違いないようなので、一安心しました。

しかし、よく事情を聞いてみたところ・・・
以前のように、時25分と間違えたのなら、まだ分からないでもないのですが、 午後1時15分に待ち合わせ場所に行っていたようなのです・・・
午後1時15分なんて、
何故???
としかいいようがありません・・・

父親は、全くいつもと変わらない表情で、理路整然と経緯を話していました。
さすがに、自分自身でも、理詰めにされると、
何故、午後1時15分なのか、矛盾といいましょうか、理由が分からないようで少し戸惑っていました。

勿論、アルツハイマー病の一環なのでしょうね。

当たり前の日常で、当たり前の表情で、いつもと同じようにしながら、全く誤ったことをしてしまうも本人は気付いていないのですから、
やはり「完全に目を離せない」ようになるのは、そう遠くはないのかもしれませんね・・・

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。