So-net無料ブログ作成

いつもの表情。いつもと同じ様子。でも・・・

スポンサーリンク




父親も色々と勉強したので、少なくとも、果物は「缶詰しかダメ」と話していますし、入院中の食事にも果物は缶詰だけだったようで、それが味気ないと愚痴ることもありました。

そして、退院したのは、過去記事の通りです。
その後、維持透析に2回、通ったわけです。

よくネットでも見かけてはいたのですが、透析の効果は絶大で、父親も「頗る快調!」と話していました。

そのうえで・・・

昨夜、父親に話をしに戻ったところ、

「体力を付けないとダメだから散歩してきた!」
というのです。

まあそれまでは良かったのですが、

「さすがに疲れて2回、休憩したわ」
とのこと。

急に、悪い腎臓での腎臓機能の働きから、人工透析になったので、身体としては、非常に「楽」になっているわけです。
これはネットでもみて知っていたのですが、人工透析は体力を消耗するので、注意しなければならない、とも書いてありました。
といいますのも、身体が楽になったことで、精神的にも、スッキリ!してしまい、ついつい運動過多になってしまうわけです。

過去記事にもありますように、心臓バイパス手術をしているくらいですから、急に、何年かぶりに運動するとしんどくなるので注意が必要なのです。

これらのことを父親は熟知しているにも関わらず、 急な散歩をしてしまったわけです。

加えて、
「2回、休憩した際、オレンジジュースを飲んだ」
というのです。
オレンジジュースと言っても様々ではあるものの、基本的には、果物を絞っただけの状態なら果物を食べているのと大差ないので危険というわけです。

それだけではないのです。

「暑いので、スイカを買ってきた」と言って、8分の1カットのスイカが冷蔵庫に入っていて、それの3分の1くらいを食べたあとだったのです。

「は???」
となりました。

これまで、ずっと、缶詰しかダメなのを分かっていたのに、いきなり、スイカです。

要は・・・、

アルツハイマー病の進行が影響しているようです。

何度も「買い食いしたりするようなタイプではないから大丈夫」と父親は言っていたのに・・・

ショックです・・・

全くいつもと同じ表情で、いつもと同じ様子なので、全く分かりませんでした。

これが、アルツハイマー病の恐ろしさであり、介護者や家族の辛さなのだと思います。

勿論、冷静に対処していくように努めます。

なによりも、そもそも今回の失敗で、もし、最悪の事態、例えば、可能性は低いものの、高カリウム血症での心停止、などになっていたかもしれないのですから、しまった!では済まされないことと捕え、学びたいと思います。

今夜もテレビでも観て、良い意味でリラックスする時間を多少でも確保したいと思います・・・

ちなみに、カリウムを含んでいるワーストランキングでは、バナナに次いで、

スイカは2位

でした・・・。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。